【発酵食品】腸内環境を整えるカスピ海ヨーグルトレシピ

Pocket

簡単!おうちで出来るカスピ海ヨーグルト

ヨーグルトを毎日食べて免疫力あげたいよね!

でもすぐ切らしちゃって毎回買うのも大変よねぇ

カスピ海ヨーグルトが家で簡単に作ることができるってご存知ですか?

ヨーグルトメーカーも、消毒したり特別な作業や、容器も不要の簡単で美味しいレシピをご紹介します!

カスピ海ヨーグルトのための材料

  • 市販のカスピ海ヨーグルト(最初だけ!)
  • 牛乳

簡単な作りかた

 新しい牛乳パックの口を全部広げておく。
  2度目以降は残り少なくなったカスピ海ヨーグルトを用意。
  初めて作る人はここで購入したカスピ海ヨーグルトを用意。

左が残り少なくなった前回の残り。 
残り5センチほどの状態

 キレイなスプーン(大きめスープスプーン)で残ったヨーグルトのできるだけ上澄みでなく
  内部のキレイな部分を3杯ほど、初めて作る人は購入したカスピ海ヨーグルトをスプーン3杯ほど、
  新しい牛乳の中にポットン、ポットンと入れていきます。

  これが種になって牛乳パック1本がそのままカスピ海ヨーグルトになる魔法のレシピです♪

キレイな部分を選んでね

3杯入れた新しい牛乳パックを置いたまま、3回ほどゆらしてあげる。
 こぼれないよう、優しく。
 ここでは特に入れたヨーグルト種を溶かすイメージではなく、
 種さん起きてね。あとよろしくね。といったイメージで♪

キッチンペーパーで覆って、輪ゴムで止める。

常温で保存する。
 夏はどこでも1日ほどでできる♪
 冬はコンロの側や、ポットの近くなど少し暖か目の場所を選んで
 置いておくと2日くらいで完成します♪

うちではコンロの横が定位置です

このルーティンでいつでも何度でも!カスピ海ヨーグルト

常温で、夏なら1日でできます。
キッチンペーパーを外して少し傾けてぷるんとしていたらOK!
傾けてまだハジから牛乳が滲んでくるようなら、まだ早い。
もう少し待ちましょう。

透明ですね。これが白だとまだ早いです

保存はそのまま牛乳パックで!

完成したらキッチンペーパーの蓋の上に更にラップで蓋をして、
冷蔵庫で保管してくださいね♪

タッパーに入れ替えたり、容器を熱湯消毒とかもせずこのままです♪
食べる時にはキレイなスプーンですくって取りましょう。

コツはスプーンで取りにくくなったら、牛乳パックの上の不要分をハサミで切って
取りやすくします。
残りの量も一目瞭然のうえ、牛乳パックの内側についた固まった部分も取り除けて
きれいに保管できて一石二鳥です。

次のためにできるだけキレイな種を使いたいので
残り5cmくらいになったら牛乳を買ってくるまで食べないでおきます♪

いつまでカスピ海ヨーグルトを作り続けられる?

これで実家の母はなんと30年ほど続けています!
糠漬けレベル。
ちなみに母のこだわりは「おいしい牛乳」で作り続けること。
牛乳を変えないんですって!
私はどこでも手に入る毎回違う牛乳で試しています。
ここで続けられないハードルをだいぶ下げています。

私は忙しすぎる時代には出しっぱなしにしたり、冷蔵庫の中でもかなりの期間食べずにいたりで
ダメにしてしまったこと多々ありました。
カスピ海ヨーグルトは酸味がほとんどないので、
ダメになった時は酸味が出るのですぐにわかります。
あと、少しダマが増えて見た目や、舌触りでわかりやすいのもいいですね。
今のところ、うちのカスピ海ヨーグルトは1年以上元気にツルツルぷるん状態を保っています♪

整腸効果抜群です!美容と健康に♪

美味しいのはもちろんのこと、整腸作用抜群のヨーグルト。
便秘の悩みは皆無です♪

カスピ海ヨーグルトは酸味が少ないのでフルーツや何でも合う!

普通のヨーグルトより、酸味が少ないカスピ海ヨーグルト。
何もかけなくてもとっても食べやすいです。
ジャムや蜂蜜をかけたらさらに美味しいデザートの出来上がり♪

皆さんもぜひ作ってみてくださいね♪

ホットクックの低温調理でもヨーグルトができるそうなので今度試してみたいな。