アウトプットの時間を短縮できる3つのステップ

Pocket

ブログを書こうとPCに向かっても時間ばかり過ぎて文が書けない〜

ブログを始めた頃、こんな悩みを持ちませんでしたか?

いざ書き出してもまとまらなくて何を言いたいのかわからない文になって

自分でも迷子になるってことありますよね。

そこでアウトプット時間を短縮するためのステップをまとめてみました。

1. まず準備する

5分でいいから準備しよう

紙に書き出す

PCにいきなり書き出すのではなく、紙に自由に書き出してみよう。

A4サイズほどの用紙を用意しましょう。

どんなことを書き出す?

  1. 何を伝えたいのか?・・・テーマも決まる
  2. 誰に伝えたい?・・・口調を決められる
  3. どんな方法で?・・・切り口。キーワード設定

マインドマップ風に思いついたことをどんどん書き出していきましょう。

ここまで15分くらい。

慣れたら5分くらいでサクッと短くが理想です。

2. 次に構成を決める

構成する要素を書き出す

必ず必要な要素を書き出してみましょう。

  • 事実・現象
  • 問題提起
  • 理由とその根拠
  • 対策と結論

これらがあれば伝えたいことが十分伝わる文章になるはず。

その順番を決める。PREP法とは

要素を書き出したらその順番を決めます。

結論を先に書いたほうがわかりやすい場合は結論から。とか。

文章には目的や形式に応じた「型」があります。

それに当てはめて作っていくというやり方があるんです。

型さえ知っておけば読みやすい文章を書くことはそこまで難しくありません。

ここではいくつかある型のひとつ、PREP法をご紹介します。

  • Poimt 結論
  • Reason 理由とその根拠
  • Exsample 例えば、、
  • Point 結論、まとめ

この方法を使って書くと伝わりやすい文章になります。

ちなみに型にはめるといっても、あくまでも伝わりやすくする順番を整理するだけです。

内容は自分の思いや考えなので自分の文章になるはずです!

3. 最後に書き出す

ここまできてやっとPCに向かいます。

書き出した構成要素を自然につなげるだけです!

もう書きながら行ったり来たりせず迷子になることなく

時間も最終的には節約です。

この3つのステップでアウトプット時間を短縮できますよ。

文章を書くこともスポーツと同様練習が大事。

PCの前で迷子になっている人はこの3つのステップで沢山アウトプットしてみてくださいね!