楽天証券のIPOは購入申込も必要。ブックビルディングの次に忘れがち【始めたい人向け】

Pocket

IPOは応募しておくだけでいいんでしょ?

楽天証券はそのあと購入申込も必要よ!!

楽天証券でIPOを申し込む場合、2回の手続きが必要になります。

忘れてしまって機会を逃すことのないように予定表などで管理しておくといいですね。

これから楽天証券でIPOを始めてみようと思っている人、図解しておきますね〜。

楽天証券でブックビルディングの参加したあと・・終わりじゃない?!

はい、終わりじゃないのでこの後の手続きを順を追っていきますね。

今回の説明ではROBOT PAYMENTの申込をしていきます。

1 新規公開株式の画面で「購入申込」欄に「申込」が表示される

購入申込期間になると「申込」ボタンが現れます。ここをポチ!

ブックビルディングを申込していないと当然、出ません。

2 電子目論見書等一覧を確認する

「電子目論見書等一覧へ」をポチ!

「閲覧」ボタン押下する

同意しますにチェックと完了ボタンを押下する

ひとつひとつ確認すると全て、閲覧済になるのでこの画面を閉じる。

そして戻る。

3 IPOの口座区分を確認して申込する

IPOの口座を「特定口座」か「一般口座」で申込かを選択して確認ボタンを押下する。

取引暗証番号を入力して「購入申込」ボタンを押下すると申込完了!

これでブックビルディングに続き、購入申込もできました。

あとは抽選を楽しみに待ってください。

購入申込を忘れるとどうなる?

はい、これが忘れた時の表示です・・・

購入申込期間を過ぎて、「未購入」と表示されていますね・・・

せっかくブックビルディング申込したのに忘れたやつ!

うーん私も忘れそう。カレンダーに書いておこう!

もちろん、やっぱり見送るっていう場合も購入しない選択も。

このタイミングで入金すればOKなので、他より遅めの資金繰りが可能です!

他で拘束されていて間に合わない時など助かりますよね。

そのため、後期型と言われています。

ブックビルディングだけでなく購入申込と2回申込がある楽天証券

IPOは証券会社それぞれの特徴があって面白いですね〜。

IPO投資のために18の証券口座開設した理由

証券口座をつぎつぎと18口座を開設 これ、IPO投資をはじめてから、半年間で開設した数です。 それ、管理できるの?! お金はどうするの?! そうですよね〜銀行は0円で…